Knotやダニエルウェリントンより安くてシンプルな時計『CYBER EDGE社のClassic Round』

安くてかさ張らないシンプルな時計が欲しい!

今、気分はシンプルである。
機械式にお金をつぎ込めるほど裕福じゃないし、仮にお金があっても、スマホに慣れてしまった今では、時計にそれほど価値を見いだせなくなっているのが正直なところ。
“高級時計をつけてこそ一人前のサラリーマン”みたいな価値もなくなってきていると思う。

高級時計はその人の信用を高める効果や、長年使うことができる利便性、ムーブメントなどの機械としての面白さやコミュニケーションツールなど、その価値は今も十分あるとは思うが、殊に子育てシーンにおいては、デメリットも多い。

例えば、子供を抱っこする都合、腕時計をしていると、子供の重さで腕時計が腕に食い込み、めちゃくちゃ痛い。
そんな時にパネライとかの厚みがあってデカ文字盤の機械式時計なんて、もってのほかなのである。

とはいえ、腕時計がないとそこそこ不便だし、スーツを着た時に時計がないというのも少々恥ずかしい。

そこで、シンプルで薄いもの、最悪壊れても気にならない時計で気が利いているものがないかと探して買ったのが『CYBER EDGE社のClassic Round』だ。

『CYBER EDGE社のClassic Round』はシンプルイズベスト!

『Classic Round』は、そこそこ薄くて邪魔にならず、アノニマスかつシンプルなデザインであり、価格も7000円ほどと格安なところが最大の特徴だ。

安い時計は、得てしてモノの悪さをデザインで誤魔化そうとしがちで、結果としてより安っぽい雰囲気になっているものが多い。
その意味で『Classic Round』は、文字盤にブランドロゴどころか、時間の数字すらないというシンプルデザインで、清々しさすら感じる。

低価格でオシャレな時計として目下大ブームとなっている『ダニエルウェリントン』
と文字盤や針のデザインまで同じだが、『ダニエルウェリントン』はやはり女性モノのイメージが強く、フェミニンなアイテムなため、着ける男性としてはキャラクターが求められる。
ms_classic-round3
また、同じようなコンセプトでヒットしている時計に『Knot(ノット』があるが、本商品は『Knot(ノット』よりさらに安価であり、ベルトを別途購入しても、半額くらいの値段である。

また、『Knot(ノット』『SKAGEN(スカーゲン)』とまでいかないまでも、それなりにブランドっぽさ、自己主張があるが、『Classic Round』はホントにアノニマスすぎて、無印良品かな?とさえ思うほどである。

安価な時計で心配なのが、時計本体の金属部の質感だ。本商品のステンレスは鏡面磨きで嫌味がなく上品な輝きで、竜頭も小さくスマートである。
ms_classic-round2

本体のサイズは36mmと41mmがあるが、小柄な男性でなければ41mmでジャストサイズだ。
ms_classic-round4
別途購入して組み合わせるベルトの革質も意外と良く、厚みがあるので貧相な印象はないし、夏場で活躍するトリコロールベルトなども1000円程度なのだ。

もちろんこの価格なので、ムーブメントはクォーツだが、1万円というスウォッチ的価格で端正な時計が手に入ってしまうのはかなりポイントが高い。

海外旅行でサブマリーナとかつけてドヤりたい反面、盗難にあったら困るので持っていきたくない気持ちもあったりするもの。
そんなシーンを考えても、十分上質な気分も味わえ、盗まれてもそんなに痛くない『Classic Round』はベストチョイスといえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA