冠婚葬祭・プレゼントに最適!バーニーズも手掛ける実力派ブランド ブルーミング中西の『イニシャルハンカチ』


ハンカチは男性がフォーマルで洒落っ気を出して良い数少ないアイテムである。
嵩張らないし貰って困るものではないので贈答用には最適で、百貨店などでブランド名が刺繍されたハンカチはプレゼントの定番である。
そのような“ブランドハンカチ”は、プレゼントの品がある程度確かな品であることを相手に伝えることに意味はあろう。

しかし、そのような商品はブランド本体が自社で作っている訳ではない、いわゆるライセンス商品なので、定価にブランドライセンス料が加味されている分、コストパフォーマンスが悪いものが多い。キツく言うなら、名ばかりの粗悪品となりがちだ。

ハンカチはほとんど他人に見せる機会もなく、ブランドであることを誇示する必要もない。ハンカチに求められているものは、むしろ生地感や色柄のセンスと、少々の吸水性である。そのような観点から選ぶと『ブルーミング中西のハンカチ』はかなり優秀だ。

ブルーミング中西とは、1879年創業のハンカチ専門会社。自社に工場などは持っておらず、デザインや企画、生地の発注などのみ行っている商社のようだ。上記に挙げたようなブランド・百貨店のOEMなども手がけているが、ここの自社ブランド名で出されているハンカチが圧倒的に良いのだ。

ここのハンカチの良さは何と言ってもその発色と生地感にある。
ぱっと見でキレイだなと思わせる瞬発力が突出しているのだ。

地味目な色が多いハンカチにおいて、ブルーミング中西のハンカチの色味は発色が綺麗で、スーツスタイルに彩りを添えてくれる。
単純なストライプ柄でも淡い色などで上品に仕上がっており、水玉やペイズリーなどもビビッドな発色。パンツのポケットからチラリとのぞくと差し色的ワンポイントとなるところがお気に入りだ。

シャリッとしたコットンには清涼感があり、生地の光沢はシルクのようで、手触りも愉しい。特にバーニーズニューヨークでも販売されている『イニシャルコットンハンカチ』はその真骨頂で、イニシャル入りもまるでオーダーのような雰囲気である。その凛々しさから冠婚葬祭などでも大活躍する。

生地の綿は他のハンカチより目が細かいが、吸水性を重視したい人にはタオル生地も揃えられている。このタオル生地はなんと英国王室御用達でコットンの最高級である海島綿(シーアイランドコットン)で、やわらかさは抜群だ。

いずれのタイプのハンカチでも見た目と触り心地が良く、値段も1000円前後と良心的。自宅のハンカチは気づけばほとんどここのハンカチという状態で、ハンカチの大定番といえる良品である。

イニシャルコットンハンカチ【楽ギフ_包装】

イニシャルコットンハンカチ【楽ギフ_包装】
価格:1,050円(税込、送料別)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA