大人も子供も楽しめる格安ラジコン 赤外線コントロール ラジコンヘリコプター

大人も子供も楽しめる格安ラジコン 赤外線コントロール ラジコンヘリコプター
大人も子供も楽しめる格安ラジコン 赤外線コントロール ラジコンヘリコプター

大人も子供も楽しめる格安ラジコン 赤外線コントロール ラジコンヘリコプター
実勢価格:3,000円
オススメ度:☆☆☆☆☆

ラジコンを持っているだけで、一目おかれる時代があった。
当時ラジコンは数万円と子供が遊ぶにはかなり高級で、大抵の子供はテレビで『RCカーグランプリ』など見つつ、ミニ四駆に明け暮れていたと思う。
ラジコンではじめての戦車型の操作系に触れ、その難しさを味わった人も多いだろう。

ラジコンヘリはそんなRCカーよりさらに難しい操作系とされ、値段もラジコンを遥かに凌駕し、数十万もする高級な趣味だった。
ラジオコントロール=無線=ハム=大人という確固たる図式があった。

当時テレビの金曜ロードショーで放映されていた『超音速攻撃ヘリ エアーウルフ』の影響もあり、子供たちは“ヘリはカッコイイ”と刷り込まれ、憧れを抱いていた。
いつかはラジコンヘリで遊んでみたい。そんな夢を叶えてくれたのが『4ch赤外線コントロール ラジコンヘリコプター』である。

このヘリコプターは赤外線を出すコントローラーで遠隔操作をするタイプで、比較的簡単に操作ができるのが特徴だ。なかなか本格的なルックスで、今時らしくUSB経由で充電すれば派手なLEDライトを点灯しながら飛行し、すこし慣れればホバリング(その場で空中浮遊しながら留まること)もすぐできるようになる。
機体は頑丈ではないが、ミニ四駆のように耐久性はあり、初心者にありがちな墜落でも機体が壊れることがほとんどない。
むしろ破損よりも接触不良が多いが、パーツも少ないので比較的簡単に分解修理ができる。しかもプラスチックの羽根は交換用に2セットも入っているの当面故障には困らない。回転している羽根に指がぶつかってもそんなに痛くないのも、子供と遊ぶ上で安心だ。

操作が下手で墜落、激突させてダメになっても価格は3000~4000円程度と格安なので買い替えても懐はさして痛くない。昔とは作りは全く別物だが、ラジコンヘリがこの値段で楽しめるのは驚愕である。

普段、ミニカーやプラレールなどの陸路系のおもちゃで遊んでいる子供にとっては、空路系のおもちゃが実際飛んでいるのは衝撃。遊びにきてトイヘリを見た子供達は男女問わず大興奮である。
しかし、一番興奮しているのはお父さんだったりして、ウチに遊びに来た友達親子に何度か本商品をプレゼントしているが、とても喜ばれている。

このトイヘリには3.5chと4chがあり、4chは左右の水平移動が可能でホバークラフト的ルックスに男心をくすぐられるが、その分機体は重くなる。そのため、3chでの稼働時間は5分程度だが、4chではさらに短くなる。
肝心な時に電池切れとなってしまうと、この商品の最大の欠点である長い充電(1時間)を行わなければいけなくなり、盛り上がりも台無しとなってしまうので、注意が必要だ。

また、本商品は中国製のため、説明書は中国語と英語のみ。商品の出来に当たり外れがあるのも中国製ならではの短所だ。

機体が軽いため外での使用は風に流されてしまうため、このトイヘリはあくまで室内用だが、モノとしての完成度や楽しさを考えると、お値段以上、コストパフォーマンスの高いおもちゃである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA