お気に入りの革製品が復活!革の手入れに最適なレザークリーム『コロニルのディアマント』

コロニルのレザークリーム ディアマント

革製品は乾燥したり油分が抜けるなどすると硬化し、そのやわらかさを失う。特に革靴は部位により負荷がかかっているので、放置しておくとひび割れてダメになってしまう。

そんな訳で革靴を履くサラリーマンは靴磨きをする必要に迫られるのだが、ドレスシューズ好きの人は嬉々として『モゥブレイ(メルトニアン)』や『サフィール』などレザークリームを使って革靴をメンテナンスしているかと思う。

この他にもレザークリームには、『キィウイ』や通販などで見かける『ラナパー』などと色々あるが、2つ目に持つべきなのが『コロニルのディアマント』だ。

本品は他のレザークリームと何が違うのかと言われれば、革の回復度である。
レザークリームは、革に栄養を与える乳化性のもの(私は回復系と呼んでいる)と、革を磨いて輝かせる油性のもの(こちらはポリッシュ系と呼んでいる)」に二分できる。

普通、多くの人が初めに買うであろうモゥブレイ(メルトニアン)は回復系寄りのポリッシュ系に対し、キィウイなどは完全にポリッシュ系で、フォーマルなイベントに出席する時に事前に使用するのがコチラだ。
モゥブレイはポリッシュと回復のどちらの効果もあるので、通常はこれのみで革のケアは可能だが、メンテナンスを怠ってしまった後にこのクリームを塗ってもほとんど意味はない。
というのも、モゥブレイのような一般的なクリームは、靴を磨いた時の輝きを得るために蝋や油脂を有機溶剤で溶かしているため、この有機溶剤が革にダメージを与えてしまうからだ。つまり、一般的な革クリームは、革が痛んでも表面上綺麗に見せる、いわばファンデーションのようなものなのだ。

しかし、ディアマントは有機溶剤を使わず天然シダーウッドオイル使用しているため、皮革に深く浸透しやすい。先の化粧品の例えで言えば、化粧水とか乳液などの基礎化粧品のような存在なのである。

理屈はそのような感じだが、実際使ってみるとその効果は一目瞭然だ。明らかに他の革クリームよりぐんぐん油分を吸い込んで、革表面がしっとりする。メンテナンスをサボっていても、本品がかなり革を回復させてくれる信頼性は大きい。ポリッシュ系と違って、プリンとした本品を革全体にざっくり伸ばせば良いだけなので、楽である。
また、靴専用クリームであるモゥブレイとは異なり、本品は革製品のほとんどなんでも使用できる汎用性の高さも魅力の一つだ。色も無色であり、私は革の鞄などにも使用している。

欠点をいえば、やや価格が高いところだ。しかし、これでひび割れ寸前の革が助かるのだから、その出費を考えれば本品の果たす役割は大きく、無駄に高いとは判断できない。
ピカピカ光るような艶出しは期待できないが、エイジングさせている革製品をサルベージできる安心感は代えがたいものがある。そんな訳で本品は、革製品を持っている人は持っておいて損はない逸品である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA