ブランドなのにプチプラで収納しやすいワイングラス『リーデルのオーシリーズ』

リーデルのワイングラス オーシリーズ

昔からワイングラスが苦手だった。
飲み物としてワインは好きだし、ワインを飲むためにワイングラスが必要とされる理由もわかる。ワインが舌のどの部位に届くかをコントロールするために、グラスの飲み口を狭めており、ワインへ体温が伝わらないようステム(脚)があるという理屈も理解できる。

しかし、私にとってはステムは邪魔でしょうがない。
ステムが折れないよう洗うにも気を使うし、収納するにも高さが出る。

“ワインは選ぶのにも苦労するのに、飲むのも大変なのか…”
はっきり言ってワインへの印象はそれくらい良くなかった。もっと大きな食器棚を買いグラスを決めないうちは、ワインを自宅で飲むのは控えよう。お酒好きの私がワインから遠のく理由の一つだった。

長らくワイングラスについて興味を失っていたが、引越しで部屋が少し広くなるのを期に、ワイングラスを探して見つけたのが『リーデルのオーシリーズ』だ。

オーシリーズはリーデルから出されているグラスで、ステム(とボトム)がないことが最大の特徴だ。ステムを廃止することはボウル部を直接つかむことになるため、ワインへ体温が伝わり味が変化することに無頓着=無粋な行為とされていた。

しかし、そのようなある意味、タブー視されていたステムレスのグラスをワイングラスのトップメーカーが出していることは非常に興味深くもある。

実際、ボウル部を持ってもワインへの体温の影響はないとする見解もあり、オーワインはこの見解を支持するものだが、よっぽど繊細な舌の持ち主でない限り、体温の影響による味の変化などは感じないだろう。

それよりもステムがないことの利便性の方がはるかに有用である。グラスのボウル部は通常のワイングラスと同様であり機能性も同様。ステムがなく、材質もクリスタルガラスではなくソーダガラスを使用してることで美しさに欠けるという向きもあるのかもしれないが、オーシリーズはモノとして十分な美しさがあり、耐久性も向上している。

また、ステムレスによる収納性が向上したことに加え、そのルックスから、ワイン以外の飲み物も似合うようになった。日本酒や麦茶やジュースなどを注いでも良く似合う。我が家ではこれで『ピュアポムのスパークリングジュース』を飲むのが定番だ。

これだけの機能性、汎用性、美しさを持つオーシリーズ。定価では1客3,000円だが、実勢価格では2各セットで2,500円前後。1客1,000円ちょっととリーズナブルである。食器棚を買い換えなくてもワインに挑戦できることを考えれば破格かもしれない。これのお蔭でワインが捗ってしかたがない。

ブランドバリューに加え、見た目の華やかさもあり、プレゼント用としてもかなり評価が高い逸品である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA