30代・40代メンズの鉄板ファッション『パタゴニアのバギーショーツ』と『グラミチのGショーツ』

バギーショーツ、便利過ぎ!

男性の30代や40代って私服は何着ればいいのって思いませんか
キメキメのファッションという歳でもないし、服に対する情熱みたいなものも薄れてくるし。

でも、ダサい私服は着たくない。
暑苦しいのもイヤ。

そんなワガママなオッサンに朗報です。

困ったときは、とりあえず『バギーショーツ』を穿けばなんとかなるんです!

バギーショーツとは、patagonia(パタゴニア)から出ているナイロン製のショーツです。
平たくいえば、化繊の短パンだ。

昔は短パンはタレントの勝俣さんのような、少年っぽいキャラの人しか履けない感じだったけど、近年は男性の短パン≒ショートパンツが市民権を得て、夏場の男性の定番アイテムとなった感があります。

この手の短パンで『パタゴニアのバギーショーツ』と双璧を成すのが、『グラミチのGショーツ』。

『グラミチのGショーツ』は基本、コットン(綿)。パタゴニアのバギーショーツ』は基本、ナイロンだ。

初めはナイロンの短パンに7000円なんて、高い!って思ってました。

しかし、実際穿いてみると、バギーショーツの人気の理由がわかります。
ホント、今さらなんですけど。

バギーショーツは意識高い人もそうでもないルーズな人にもハマる、攻守最強アイテムなんです。

バギーショーツは、軽くて快適!

まず、単純に短パンは丈が短く軽いので楽

暑くて蒸れる夏場は、普通のパンツを穿くのが煩わしいけど、短パンならワサワサしなくてスッキリ。

パンツ一丁で自宅をウロウロするのは楽だけど、だらしない。

宅急便の配達員さんも、パンイチのおっさんは見たくないはずだ。

自宅でだらーっとしたい気持ちと社会性の両立を実現してくれるのが、このバギーショーツの強みだ。

バギーショーツは、汚れに強い!

バギーショーツはナイロンなので汚れにくく、洗いやすい。

アウトドアなどで泥汚れがついたりする時、綿よりも圧倒的にナイロンが汚れにくく、汚れ落としもラク。
ショーツの内側もナイロンだから、不慮の汚れもさっぱり落とせて衛生的!

とりあえず洗濯機で普通に洗えるので、気を遣わなくていい。

バギーショーツは、すぐに乾く!

子どもと公園に行くと噴水や川で遊ぶこともありがち。
水に濡れて遊びたいとか言い出して。

いやいや、替えの服なんて持ってきてないよ、そりゃあなたは子どもだから濡れてもへっちゃらかもしれないけど!!

こっちは濡れたくないの!!

こんな場面もあるかと思う。
でも、ナイロンのバギーショーツなら、多少濡れてもすぐに乾くので問題ナシ。

イケずな父親から、子どもとの絆を尊重するイクメンパパに大変身だ!ってよくわかりませんけども。

しかもバギーショーツは内側にメッシュのサポーターパンツもついているので、なんならそのままプールや海で泳いだっていい

この水陸両用感。ズゴック以来である。

つまり、バギーショーツはリゾートにも向いてるのだ。

バギーショーツは、発色がキレイでオシャレ!

ハーフパンツって、どれもアースカラーだったり、カーゴパンツよろしくポケットの主張が強くて、ちょっとミリオタっぽくなりやすい(ズゴック)。

スエット素材なんかは、上手に合わせないとだらしなく見えがちだ。

多分、グレーの生地がヨレてるからなんだと思う。

その点、パタゴニアのバギーショーツは、色バリエーションも豊富で、発色がキレイ!

出典:patagonia 公式オンライン

マスタードやサーモンなんで、ちょっと個性的な色も、ショーツの面積の狭さも相まって、不慣れな色味も冒険しやすい

バギーショーツは、ランニングパンツとしても使える!

ガチのランナーならば、ランニングパンツもいくつか持っているだろう。

しかし、私のようなニワカのランナーにとっては、ランニングにしか使わない薄手のショートパンツはもったいないというか、むしろちょっと邪魔。

大抵ウェアとタイツは地味目な色味なのに、ショートパンツも暗めの色だと、夜のランニングの時に見つけられなくて危険ですらある。

なので、ランニングのタイツには、発色のいいパタゴニアのバギーショーツが視認性が高くて安全なのだ

バギーショーツ以外はダメなのか?

パタゴニアのバギーショーツと迷うのが、『グラミチのGショーツ』や『ワイルドシングスのベースショーツ』だ。

グラミチのGショーツは、綿素材なので、前述したナイロン由来のメリットは受けられないと思っていい。

では、『グラミチのGショーツ』にはメリットがないのか?といえば、そうでもない。

『グラミチのGショーツ』はコットンなので、ナイロンより燃えにくく厚手なので、キャンプなどの火を使うアウトドアでの使用に向いている

それに、『グラミチのGショーツ』はバギーショーツよりも丈が長いので、カッチリ感を出しやすい

また、『ワイルドシングスのショーツ』は丈が絶妙で、バギーショーツ以上Gショーツ未満の長さ。

【最大25倍】【SALE 30%OFF】ABILITY SHORTS アビリティーショーツ/WILD THINGS ワイルドシングスメンズ/ワイルドシングス パンツ/wildthings ショーツ【交換・返品不可】
色味もアースカラーじゃないのに、パタゴニアより使いやすいカラーも揃っている。

そして、バギーショーツよりは少しだけ安い。

この辺りは自分の好みやシチュエーションで選んでいいと思う。

バギーショーツのサイズは、やや小さめ!

パタゴニアのバギーショーツはサイズは5インチが日本サイズのM相当と、かなり小さめの作り。

丈も他の短パンに比べて短めなので、スネ毛見え過ぎ!ってことで、オフィスカジュアルとしてはやり過ぎになる場合もあるかも。

バギーショーツは、売切れ注意!

バギーショーツは6?7月のシーズン期にはすぐに売り切れます。
モンクレールや水沢ダウンばりに、速攻売り切れです。

確かにシーズンオフでセールにもなるんだけど、色はもちろん、丁度いいサイズのものは残ってないことが多いので、さっさと買いましょう

バギーショーツの類似品に浮気しない

ナイロンなんだから、そんなに高いモノを買わなくていいかと2000~3000 円の安価な類似品も買ってみました。味を占めて、いきなり浮気です。

しかし2000~3000円クラスのナイロンパンツは、生地があまりにペラかったり、縫製が甘かったりと、やっぱり作りが悪いのが多いんだなー。

安物買いの銭失いになるので、低価格を求めるならワイルドシングスか、せめてセレクトショップオリジナルを買うほうが良いです。

バギーショーツはめちゃめちゃ万能アイテムだし、加えてパタゴニアはブランドバリューもあるので、とりあえず1枚持ってて損がない高コスパアイテム。
今年はバギーショーツデビューしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA