登山・ソロキャンプに最適!MSRの一人用テント『ELIXIR(エリクサー)2』

一人でサクッとキャンプに行きたい!

夏真っ盛り。外遊びで活躍するのが、テントである。

以前、ファミリーテントとして、ケシュアの2 second airを購入したが、収納時もそこそこサイズがあるため、使用シーンはオートキャンプに限られるという制約があった。

今回はもっと汎用性の高いテントを購入しようということで、以下の条件で探してみた。

1.登山で活用できる

まず私の場合、これまで日帰り登山だけだったが、遠征を視野にテント泊ができるテントを用意したいという都合がある。

となると、テントを背負って登山をするわけで、軽量であることが最優先である。

登山を考えると、最軽量となる1キロ台が望ましいが、2.5キロくらいが上限ではなかろうか。

2.ソロキャンプで使用できる

仕事や家庭を離れて、ふらっと一人で自然のなかでくつろぎたい

妻が聞いたらガチ切れするかもしれないが、お互いそんな日があってもいいはずだ(勝手)!

そんなソロキャンプでの使用を意識すると、居住性の高い少し広めのサイズがいい感じだ。

3.小さい子どもと一緒に使える

とはいえ、ソロキャンプのつもりでも、子供(小学生)とセットでテント泊することも十分ある(現実)。

ソロテントでもやや広めのサイズならば、小学生一人くらいは入れるし、その方が活用の幅が広いはず。

4.デザインと価格のバランスがとれている

アウトドア界のアップルことスノーピークはデザインは秀逸で、『アメニティドーム』は価格も安価だが、ソロキャンプ用としては重たすぎ。

ファミリー向けに振り切るなら、これでもよかったんだけども。

しかし、ソロキャンプ定番のモンベル (mont-bell) ムーンライトテント1型は、ホント、一人寝られるだけの余裕しかなく、少し味気ない。

そんなことを考えながら、重量・広さ・デザイン・価格の4点から、私が選んだのは『MSRのELIXIR(エリクサー)2』である。

『エリクサー2』はコスパが高くてカッコイイ

まず、ガチ勢ではない、にわかキャンパーにとっては、見た目のかっこよさとオシャレ感が大事。
パソコンに詳しくないからこそのipad!みたいな。

MSRは、スノーピークとは違う方向性でスマートさを感じられる色とデザインであり、特に『エリクサー』シリーズは白×赤というクールな配色で、悪目立ちせずに存在感を漂わせている。

また、『エリクサー』っていうネーミングもいいじゃないですか。
FF 世代にとっては、一晩寝ればめちゃめちゃ回復するんだなということもすぐにわかりますし。

通常、テントのネーミングについている数字は居住人数=○人用を表すのだけど、『エリクサー2』ゆったり1人分といったところ。

このデザイン、機能性で3万円程度なんだから、お得というほかない。

『エリクサー2』を設営してみた!

『エリクサー2』はぶら下げ型テントで、フレームとなるポールにテントのループを引っ掛けて吊るすタイプ。
このタイプは風があっても設営が楽。

なので、ポールでフレームが組めればあっという間に設営完了なのだが、簡単にポールが折れてしまいました。
MSR-Elixir-2-01
ケシュアのテントポールはしなりがすごくて全然折れる感じもなかったのですが、MSRの連結アルミポールはやはり強度に不安があるなぁ。

ポールを折らずに曲げるコツは、ポールを連結させる際にしっかりはめること。
はめ方が不十分だと、一ヵ所にテンションがかかって折れてしまう。意外と簡単に。

なるべく長めに折り曲げることに注意しましょう。
それと、ポールをクロスさせるのに少しコツがいります。

うまくポールのフレームさえできればこっちのもんです。
MSR-Elixir-2-02

フレームを組んだら、天井フレームとなるポールを組みます。
MSR-Elixir-2-03

そして、テントの外側の幕=フライを貼ってペグダウンすれば、完成です。
MSR-Elixir-2-04

入り口はテントの前後のどちらにもあります。
MSR-Elixir-2-05

テントの玄関=前室にも余裕があり、大人の靴をおいても十分なスペースがあります。リュックをおいても大丈夫ですね。
MSR-Elixir-2-06

室内は、『キャプテンスタッグのEVAフォームマット(182cm)』をおいてもまだ縦幅にも余裕があります。『エリクサー』“2”だけあって、大人2人がちょうど横になれるほどの短辺の長さがある。
MSR-Elixir-2-07

長辺は180センチの大人が横になってもまだ余裕!
MSR-Elixir-2-09

高さは最大102cmで、あぐらをかいて背筋を遠慮なく伸ばしてもぶつからないです。
MSR-Elixir-2-08

もちろんランタンかけもありますが、ポールに重さがかかる作りになっているので安心だ。
MSR-Elixir-2-10

『エリクサー2』は30Lのリュックに入るので、これを担いでソロキャンプや登山にもいける位である。

さあ、『エリクサー2』を買って、自然にとびだそうではないか!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA