リペアして長く着る!ワイシャツ(ドレスシャツ)の襟や袖を交換・修理してみた。

擦り切れた襟を直したい!

元々私が『鎌倉シャツ』推しとなった理由の一つに、“襟や袖が交換できる”というサービスがある。

『鎌倉シャツ』が採用している80番手という生地は、高番手の生地のようにデリケートではないので長く&ラフに着ることができるが、仕入れた生地がなくなったら売り切りというスタイルのため、お気に入りの柄のシャツは基本、一期一会的なものなのだ。

それゆえ、『鎌倉シャツ』は好きになったものを長く着られるように、擦り切れた襟や袖を有償(2400円+税)で交換してくれるサービスを行っている。

襟の形や生地などは選べないので、ストライプシャツなどは必然的にクレリックシャツになってしまうが、私のように良いものを長く使いたいユーザーにとってはありがたいサービスである。

しかし、このサービス。よく読むとけっこう限定的で、一つは“鎌倉シャツ以外は受け付けない”とのこと。

修理してまで着たいシャツ=生地や柄が気に入っているシャツか、『ルイジボレッリ/ルイジボレリ』『ボレリ』とか『フライ』とかの高級シャツなのだが、これらのような“非鎌倉シャツ”は修理を受け付けて貰えない。

自社製品以外なので責任が負えないということなのだろう。
仕方ないといえば、しかたない。

もう一つの難点は“鎌倉シャツであってもボタンダウン(BD)シャツも修理を受け付けない”というもの。

これはかなり痛い。
正直、BDのリペア不可は予想していなかった。

というのも、はじめの頃の鎌倉シャツはボタンダウンを看板商品としてアピールしており、私の手持ちのシャツの大半もBDであるため、いずれも修理不可となるわけだ。

しかも、200双シャツや、ただのホワイトシャツもNG。ただのホワイトシャツくらいは受け入れて欲しいところだ。

店舗での引き取り・受け渡しになるのも少々面倒で、以前シャツ修理を『鎌倉シャツ』にお願いしにシャツを持っていったら、店員さんもこのサービスの利用者が少ないのか、はたまた、あまりに私のシャツのヨレ具合がひどかったからか、リサイクルのシャツと勘違いされ、ハンカチを渡される始末(笑)。

そんな訳で『鎌倉シャツ』をはじめ、お気に入りのシャツの襟・袖を修理してもらえるサービスを探さなくてはと思って今回お願いしたのが、ワイシャツの修理・リフォームの専門店である『フラウ』である。

『フラウ』のシャツ修理はここがスゴイ!

まず、『フラウ』はNGシャツがほとんどないことだ。
高級シャツやBDシャツも普通に受け入れてくれる。
NGシャツが少ないというのは、修理の大前提なので安心だ。

また、襟の種類も「レギュラー」「ワイド」「BD」「スタンド」から選ぶことができる
私の例でいえば、BDシャツがそのままBDシャツとして修理されるということだ。

シャツと同じ生地は二度とないため、交換される生地は白無地に限られるのは仕方ないが、襟の形を選べるのはとてもありがたい。
もちろん、レギュラーカラーが飽きたからスタンドカラーに生まれ変わらせることも可能だ。

加えて嬉しいのが、ネックサイズを調整してくれることだ。
“ジャストサイズだったネックサイズをゆとりをもって1センチアップしたい”なんてこともよくあるかと思う。

特にネット通販でのサイズ表記には若干のズレがあり、“シャツ自体は気に入っているけど、ネックサイズを変えて欲しいなー”といった場面も経験されると思うが、『フラウ』では襟の交換の際にオプション料金なしでネックサイズを調整してくれる。

『フラウ』にシャツ修理をする手順

『フラウ』のサイトから注文用紙のPDFファイルをダウンロード、印刷して必要事項を記入して、依頼シャツに同封して送ればOK。

私は注文用紙とともにシャツ2枚とレターパックに入れて郵送した。

現物が届いてから先方に見積もりを頂いてから修理作業になるため、事前決済ではなく、事後決裁となる。
クレカ決済がないことに注意したい。

今回はシップスのピンストライプシャツと、エディフィスのロンドンストライプシャツを修理にだしてみます。

ロンドンストライプシャツは襟の内側が切れてしまいました。
reshirts_-003
また、袖もずいぶんと擦り切れてみっともない感じです。
reshirts_-004

また、ピンストライプも同様です。
reshirts_-001
reshirts_-002

これらがどんな風になるのか、楽しみです。

『フラウ』で修理したシャツの出来

送付して2~3週間ほどで納品とのことで、箱に入って届きました。
中身は見覚えのあるキレイなシャツ。
reshirts_-005
馴染みのシャツが見違えるように!
reshirts_-006
袖は元の生地を裏地に活かしているので、さりげない感じです。
reshirts_-008
襟の生地こそ選べずブロードのみだが、元の生地テイストに違和感はありません。
reshirts_-009
しかもカラーキーパーまでキチンと入っていた。
reshirts_-011
今回は2着頼んだが、一括で返送してくれたので、送料はまとめて620円。
こういうアナログな心遣いが嬉しい。
全体で7000円弱の費用だ。

1着1万円くらいのシャツならリペアはオトクだし、やはりお気に入りのシャツが生き返るのはプライスレスである。
確かな修理技術を低価格で提供しているフラウはオススメできるお店だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA