オシャレでコスパ抜群!高品質なイタリアビジネスシューズ『LOBB’S(ロブス)のフルブローグ』

ちょっと背伸びしたいならイタリア靴!

ビジネスシューズはフォーマルさが基本だが、ある程度ローテーションが組めるくらい数が揃ってくると、バリエーションも欲しくなるもの。

ストレートチップやプレーントゥばかりだと堅苦しく、遊びがないのもつまらない。
そこでちょっと変化球として、華やかなモデルのドレスシューズもラインナップに加えたいという時に、候補に挙がるのがイタリア靴だ。

イタリア靴の特徴として、シンプルさというより華やかなテイストのものが多く、ノーズが長かったり、コバのステッチがワンポイントになっていたり、革の切り返しが独特だったりと、デザイン性が高いものが多い。

そのため、イタリア靴はドレッシーでコジャレ感があるものの、履きこなすには一定のスタイルやスキルが求められる
個性的な靴ゆえに、本人やスーツが派手めのキャラでないと、靴が悪目立ちしがちだ。

そんなひと癖あるイタリア靴にも、履きこなしやすくて高品質なブランドがある。それが『LOBB’S(ロブス)』である。

『LOBB’S(ロブス)』のここが凄い!

『LOBB’S(ロブス)』は、1974年に創業したイタリアのブランドで、本格的イタリア靴の中では比較的シンプルなデザインであり、適度にドレッシーながらも、イギリス靴よりくだけているというバランス感覚が好ましい

それというのも、ロブスはブリティッシュテイストをベースに作られており、そこにイタリアテイストのシャープさと華やぎを加えているからだ。

また、『John Lobb(ジョンロブ)』『Stefano branchini(ステファノブランキーニ)』などに代表されるように、イタリア靴=高級というイメージがあり、実際高価なのだが、『ロブス』は革質も十分ながらもファクトリーブランドなのでイタリア靴なのに2~4万円程度とリーズナブルなところが嬉しい。

『LOBB’S(ロブス)』で買うならブローグ系のモデルがオススメ!

私が『LOBB’S(ロブス)』で特に愛用しているのがフルブローグである。

フルブローグとは、つま先などにパンチング(=メダリオン=穴飾り)の装飾が施された靴のうち、装飾部がW字になっているもののこと。

フルブローグは、一見ケバくておじさんっぽいイメージをもつ人もいるかと思うが、茶色のフルブローグは意外とジーンズやホワイトパンツなどにも合うので、カジュアルにも使える

フルブローグの難しいところは、靴のシルエットとのバランスで、ノーズが短すぎると、装飾が全体的に詰まって見え、ぼってりした印象になり、田舎っぽい感じになってしまう

その意味ではロブスは丁度いいノーズの長さとくびれがあり、メダリオンが映えるシルエットとなっている。

例えば職場が堅いところで、茶靴NGでビジネス利用ができなくても、普段使いに転用できる。黒のストレートチップだと、こうはいかないもの。

そんな汎用性が高いところがこのアイテムの良いところであり、メダリオン初心者にもオススメしやすいモデルである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA