タブレットやスマホのお供はコレ!正しいキー配置のおすすめワイヤレスbluetoothキーボード 『ELECOM(エレコム) TK-FBP073』

タブレットでスマートに物理キーボードを使いたい!

スマホやタブレットはもはや不可欠なデイリーグッズ。

メールやLINEなどの短文を書くのはフリック入力で十分だけど、レポートやブログなどちょっとした文章を書くなら、やっぱり物理キーボードが早くて便利。

だけど、キーボードのためにノートPCを毎日持ち運ぶのは重いし、なんだか仕事っぽさが否めない。

キーボード付きのタブレットといえば、Windowsマシンだったり、10万円超えと高額だったり。

そんな訳でタブレットやスマホで使えるワイヤレスキーボードを探したところ、携帯用Bluetoothキーボードでオススメしたいのが、『ELECOM(エレコム) TK-FBP073』だ。

micro USBポートをふさがずに済むBluetooth接続

当たり前の特徴だけど、やっぱりBluetoothは便利。
なぜかって、スマホやタブレットは基本的にmicro USBポートを1基しか持っていないからだ。

そのポートをキーボードのためだけで塞がれてしまうのは、例えば充電がなくてモバイルバッテリーで充電しながら使うことができないということだ。

その点Bluetoothはワイヤレスだし、今時のモバイルには標準装備されているので、本アイテムが使えないことは滅多にない。
コードに煩わされないというのは大きなメリットだ。

ノートPCと遜色ない完璧なキー配置!

数ある携帯用キーボードで本アイテムが最も良いのは、そのキー配置だ。
というのも、他のキーボードは携帯性=コンパクトさを求めるあまり、キー配置がとっても独特だったりすることがほとんどだ。

QWERTY配列なんだけど、上下段でのキー対応がズレていたり、tabキーやshiftキーが異なる位置&やたら小さかったり。enterキーやspaceキーも他のキーと同じ大きさだったりして、とにかく使いにくい!

その点、このアイテムはenterキーやspaceキーもキチンと大きめで、パソコンでのキーボード操作と違和感なく入力できる
ファンクションキーまでしっかりあるのも、半角やカタカナ変換をファンクションキーで行う自分にとっては、非常にありがたい。

キーピッチにもゆとりがあり、とにかくこのキーボードのために特殊なキータッチを覚えなくてよい、というのが最大のポイントだろう。

打鍵感が気持ちいい!

『TK-FBP073』はノートPCと同じパンタグラフ型なので、キーを叩く感触は普通のパソコンと一緒。しかも、ストロークもほどよい硬さで、打鍵時もあまりカチャカチャ鳴らないのもポイント高し!

micro USBで充電できる

外付けのキーボードでたまにある電源が、独特のUSB(USBミニB)!
スマホとタブレットと同じモバイルバッテリー&ケーブルで充電したい時に、独特のUSBだと別のケーブルを持つ羽目になり、とっても煩わしい。

単4電池などは、まったくもって論外である。

その点、本アイテムはmicro USBといたって普通。
そうそう、これこれって感じで、この普通であることが意外と難しかったりするんだなぁ。

携帯性はそれほど高くない

最近のキーボードは三分割で折りたたむことができたりして、とにかくコンパクトになればいい!という熱い思いが伝わってくるキーボードが多い。

本アイテムの縦幅(長辺)はちょうどB5サイズ。

私はミニショルダーバックなどに入れて使うことが多いので、サイズ的にはジャストであり、まったく気にならないが、よりコンパクトなバックを使っている人や、キーボードをポケットに入れたいとまで考えている人にはお勧めできない。
そんな人は下のアイテムがオススメだ。

スタンドの角度は調節できない

ノートPCと違って、スタンドの角度は調整できない。
私は角度にはそれほどこだわりがなく、モバイルが立てかけられればいいやという感じだが、自分にとってお気に入りの角度がある人は要注意だ。

結論

デザインもシンプルで飽きがこないし、電源のオンオフで放電も防げるしと、まさにこれぞstandardな携帯用キーボードといえよう。

本商品はスマホやタブレットで物理キーボードを使いたい人にはファーストチョイスとしてオススメできる出来だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA