オシャレにオムツの消臭&花粉対策!スリムでグッドデザインな空気洗浄機『バルミューダのAirEngine(エアエンジン)』

部屋の空気や臭いを管理したい!

部屋の空気を気にする機会がめっきり増えた。
道路に近い住環境、花粉症だけではなく、今まで気にしなかったPM2.5なんてものも気にする必要もでてきた。

空気に悪影響を与える原因として、季節要因や環境要因だけでなく、個人的な要因もある。
介護や赤ちゃんでのオムツ臭などだ。

赤ちゃんがいる家庭では、オムツなどで排泄物の処理が求められ、なるべく密閉型のダストボックスを使ったり、ファブリーズ的なもので消臭したりするが、臭いの残存や重ねがけ感は否めない。

一番効果的なのが換気だが、
特に花粉症の人にとっては、換気のために窓を開けることすら、抵抗感があると思う。

となると方法としては空気清浄機しかないが、そこでオススメなのが『バルミューダのAirEngine(エアエンジン)』である。

『バルミューダのエアエンジン』は脱臭効果がスゴイ!

まず、効果を実感しやすいのが、空気の循環・脱臭効果だ。
両脇から吸気して上方部から吐き出す仕組みのため、エアエンジンというだけあってサーキュレーションとしての効果は抜群だ。

hepaフィルターではないが、それに準ずるクラスのフィルターで、吸気した空気はかなりキレイな感じがして、別途「脱臭ユニット」も内蔵されているため、オムツなどの臭いも部屋から除去でき、なかなかの脱臭効果を感じられる。

『バルミューダのエアエンジン』は軽くてオシャレ!

『バルミューダのエアエンジン』はなんといってもスタイリッシュ。
空気清浄機という従来の鈍重なイメージを覆す細長くてスマートなものなので、場所を取らない。

また、重さもそれほどないので、日中はリビングで稼働させ、咳が気になるなという時は寝室に移動させて稼働させることも、それほど負担ではない。

ユーザーインターフェイスもわかりやすい。
ジェットのボタンだから、ジェット機みたいな風がでる。
こどもにもすぐに理解できたし、指なども挟まないような作り&チャイルドロックもあるので安心だ。
ms_balmuda-air2

『バルミューダのエアエンジン』の空気清浄効果は十分

肝心の空気清浄効果だが、山の上のようなクリアな空気などにはならないが、稼働すれば少し空気がひんやりして清涼感が出て、ホコリやハウスダストなどで喉がイガイガすることもないので、効いているのだろう。
フィルターに集まったホコリをみれば納得で、これだけで価値がある。

花粉症の妻も効果を感じているようで、プラセボかもしれないが、彼女の免疫がおとなしくしているのならば、効果ありと言えるだろう。

また、埃と臭いに対するセンサーが内蔵されているので、自動で稼働させていても、風量や電力を調整してくれるところもよい。

『バルミューダのエアエンジン』は少しうるさい&フィルターが高い

そんなエアエンジンの欠点をあげるならば、最大出力であるジェットモード時の音だ。

通常モードやセーブモードの時はまったく気にならないが、ジェットモードの時は風の音がする。

とはいえ、例えばパソコンに負荷をかけた時のドライブ音などよりも気にならないし、むしろ風の音が強くしている方が効き目を感じられるようで、問題となるレベルではない。
こども達は最大出力にして風船を飛ばして遊ぶくらい気に入っているモードだ。

一番のネックはやはりフィルター代だろう。
フィルターは交換式だが、1万円/年とやや高いのがネック。
しかし、これも使用頻度や環境による要因が強く、効果を実感できるだけ、許容範囲といえそうだ。

国産白モノ家電メーカーが軒並み縮小傾向にある中、国産ベンチャーでデザインと機能を両立させたバルミューダの名品といえる商品なので、空気清浄機を買うときのファーストチョイスになりそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA